歯科医院の治療費

同じ治療なのに、歯科医院によって治療費が違うというケースがあります。医科に比べて歯科は「自由診療」を扱っているところが多いため、このようなことが起こるのです。国民健康保険や社会保険などの公的保険が適用される治療は保険診療と呼ばれ、高齢者などを除いて加入者は実際にかかった料金の3割を負坦すれば、治療を受けることができます。歯科の場合、むし歯や歯周病などの病気の治療には保険が適用されますが、インプラントや歯科矯正治療など病気の治療とは言い難い治療では、保険が適用されないことが多いようです。

保険診療には治療内容に応じた「保険点数」というものが定められており、これが加算されることで最終的な治療費が決まります。患者が負担するのは3割ですので、医療機関は残りの金額を「診療報酬」として各保険の審査支払機関に請求します。保険点数には地域差はなく、保険診療であれば全国どこで治療を受けても同じ金額になるはずです。

しかし、保険診療でも機関によって高かったり、安かったりということが起こるといいます。その理由の一つとして、歯科医師によって診断や治療方法が異なることがあると推測されます。同じ状態のむし歯でも、少し削れば良いと考える歯科医師もいれば、大きく削った方が良いと考える歯科医師もいます。さらに、現在の保険診療には、あいまいな部分もあるそうで、こうした状況が治療費の差につながっているといえるかもしれません。