カルシウムの効果

カルシウムは、歯を構成するために欠かせない成分です。したがって、カルシウムが歯の表面から溶け出すと、歯が弱くなるといえるでしょう。歯は、日々溶けたり(脱灰)、修復したり(再石灰化)しているそうです。脱灰の量が再石灰化する量よりも多いと、歯が弱くなるというメカニズムです。唾液中のカルシウムの濃度が高くなれば、それだけ再石灰化も促進されます。

唾液中のカルシウム濃度は、カルシウムが豊富な食べ物をたくさん食べたとしても、すぐに上がるわけではないようです。もともと、身体の中のカルシウムはそれほど変動しないようにできているといいます。

それでは、唾液中のカルシウム濃度を高めるためにはどのような方法があるのでしょうか。最も手軽な方法は、カルシウムが配合された歯にいいガムをよく噛むことだとある歯科医師は述べています。また、ガムをかめば、唾液の分泌が促進されるという効果も期待できます。

よくガムに含まれるキシリトールは、むし歯の予防に効果があると考えられていますが、それだけでむし歯を防ぐというわけではないそうです。歯みがきなどの効果を高めるというのが大きな役割のようです。

また、むし歯菌にはキシリトールが効く菌と効かない菌があるそうで、キシリトールが効く菌は、キシリトールをエサと間違えて吸収してそれをエネルギーに変えられず弱っていきます。キシリトールが効かない菌は、そのまま生き続けますが、このタイプの菌は悪性度があまり高くないそうです。酸や歯垢をつくりにくく、歯みがきで簡単に落とすこともできるといいます。