フッ素の役割

フッ素は、お茶や魚介類、海藻などに多く含まれており、意外と自然界のあちこちに存在している成だといいます。フッ素には、歯を強くして、むし歯を予防する効果があるが考えられています。

第一に、フッ素は歯が溶けるのを抑制し、エナメル質が修復される(再石灰化)のを促進する役目を果たしてくれます。また、通常のエナメル質の成分である「ハイドロキシアパタイト」の結晶構造を安定化させるほか、その結晶構造に入り込むことで酸に溶けにくい成分もつくってくれるそうです。これらにより、歯質の強化という効果も期待できます。さらに、むし歯菌が、エサである糖を吸収するを防いで発育を抑制し、むし歯菌が酸をつくりだすのも阻害するそうです。

こうしたフッ素の効果を取り入れたいのであれば、フッ素配合の歯みがき剤を使うのが最も手っ取り早いと思います。しかし、単純にフッ素配合の歯みがき剤を使っているだけでは、その効果を最大限に引き出ことは難しいでしょう。歯の表面にフッ素を作用させるには、なるべき長い間フッ素が存在する環境を保つことが大切だと考えられています。

歯みがき剤の量は、ブラシの毛の半分程度にして、時間をかけて歯みがきをすると良いでしょう。また、歯みがきをした後に口をゆすぎすぎると、フッ素濃度が低下してしまうので、2回以上うがいをしないよう心がけるとより良いかもしれません。また、子供は大人以上にフッ素の効果が高まるそうです。永久歯のむし歯予防に対しては、フッ素を含む液体でうがいをする「フッ素洗口」が有効だとされています。