歯科人間ドックとは

最近、歯科でも人間ドックが広がってきているそうです。むし歯は普通、悪化してしまったら削る以外の治療がない病です。つまり、治療をしても、元の健康な歯に戻るわけではないということです。また口の機能が全身の健康にも関連すると考えられていますので、歯科における人間ドックのは重要な位置づけにあるといえるかもしれません。

多くの人は、歯に痛みが出てきてから歯医者に行くと思いますが、それよりも予防をすることが大切です。身体全体の健康を保つために、歯科人間ドックの受診を考えてみてはいかがでしょうか。

歯科人間ドックでは、あごや、首(頸部)、口の中の検査などが行われるそうです。施設によって検査内容に違いがあると思いますが、「口腔検査」「X線検査」「歯並びと噛み合わせの検査」「みがき残しの検査と基本的な歯みがきの練習」「むし歯菌と唾液の検査」が行われることが多いようです。口腔検査では、歯や歯ぐき、舌の状態を確認し、むし歯や歯周病がないか調べます。さらに、がんなどからくる口腔内の症状などに気付くこともできるといいます。X線検査は、目には見えない骨の腫瘍や、顎関節の状態を検査することが主な目的です。

歯科人間ドックでは、こうした検査だけでなく、十分な説明や口腔ケアのアドバイスもしてもらえるのがメリットといえます。みがき残しの状態を見てもらえば、家で歯みがきをする際の注意点や上手にみがく方法も教えてもらえると思います。