日本の健康保険

日本の健康保険は「疾患」に対する「治療」を目的としています。そのため、なんらかの病気でなければ、保険を使うことはできないと思います。たとえば、歯並びが悪いことや、歯の色が悪いことは病気ではないと考えられており、歯科矯正治療やホワイトニングは保険診療の対象とならないことがほとんどです。一方、むし歯は疾患ですので、保険が適用されます。しかし、削ったむし歯にかぶせ物をする場合、保険が適用される場合とそうでない場合があります。レジンや金銀パラジウム合金(銀歯)は保険が使えますが、セラミックやゴールドなどは認められていないそうです。

同じように、さし歯や入れ歯も保険適用の範囲が定められています。保険で作る入れ歯はレジン床義歯に限られ、金属やシリコンの義歯床(土台の部分)にする場合は自費になる可能性が高いです。インプラントも保険が適用されない自由診療となります。

歯科治療は保険が適用されないものが多く感じるかもしれませんが、日本の総歯科医療費に占める健康保険のカバー率は決して低いものではないそうです。矯正やインプラントといった病気を治す以外の役割が歯科に多いためこのように感じるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です